補聴器についてのご相談・お問い合わせに無料でメール相談を承ります。

「いきなり店に行くのは…」、

「電話できくのはちょっと…」

という方は、お気軽にメールでご相談ください。

「補聴器目安箱」をクリックすると、お問い合わせページに移ります。

≪お問い合わせ≫

TEL: 092-558-4338

(ココハヨカミミバイ)

FAX: 092-558-4339

≪営業時間≫

(月~金)

9:30 ~ 17:30

(土)

9:30 ~ 15:00

日曜・祝日定休日

※事前にご予約いただければ、日曜・祝日も対応いたします。

「間違いだらけの補聴器選び」

中村雅仁著


補聴器購入前の必読書!!


補聴器購入に失敗しないためにも、ぜひ読んでおきたい本です。

従来の補聴器本とは異なり、元メーカーの方が難聴者目線で書かれてます。


購入希望の方は、
画像をクリックしてください。
Amazonサイトにジャンプします。

春日市商工会加盟店

2015年09月17日

補聴器で不快な音①

補聴器の調整で、

意外に効果的なのが

『出力制限』と言われる機能です。

 

 

通常、補聴器から出てくる音が

大きすぎると

単純に、全体のボリュームを下げてしまいます。

例えば、

・ドアが閉まる時の「バタンッ!」という音

・食器が「カチャカチャ」鳴る音

・車のクラクション

などなど

 

 

確かに、ボリュームを下げれば

大きな音を当たり前に増幅しないので

不快でなくなります。

しかし、ちょうどよく聞こえていた

人の会話音声までも小さくなり

肝心の「ききとり」にも影響してしまいます。

 

 

本日、調整したお客様は、

スーパーでもらう袋が

「ガシャガシャ」聞き障りとのこと。

因みに聴力は、以下の通りです。

 

__1

 

「ディップ型」と言われ、

会話成分が多く含まれる周波数帯の聴力が

「谷」のように低下しています。

 

 

調整前、105dB程度であったMPO値を

90~95dBにすると

人の会話成分の利得に影響せず、

問題の不快音を解消できました。

 

 

多チャンネルの補聴器を

細かく調整するよりも

効果的に調整できる一例です。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かすが補聴器専門店
http://www.kasuga-hochouki.com/
住所:福岡県春日市春日1-38
TEL:092-558-4338
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年09月16日

イヤモニ購入前に試聴できます!

かすが補聴器専門店では

Westoneのカスタムイヤモニターを

購入前にデモ機で試聴できます。

 

 

ほとんどのイヤモニ購入者は

ネットで注文して

耳型を近くの補聴器店かメガネ店で採取し、

代理店に送っています。

製品が出来上がってくるまで

どんな音質なのかを

確認することができません。

 

 

かすが補聴器専門店では、

Westone社のイヤモニの

各種ユニバーサルタイプデモ機を用意しており、

購入前に試聴することが可能です。

 

 

CIMG2514

 

イヤモニ購入者は、

音楽にこだわりをもつ

いわば、『音楽マニア』。

各タイプを、『利き酒』ならぬ『利き音』して

世界にたった一つのイヤモニを作りましょう!

 

また、購入前に

PCでシミュレートして、

どんなイヤモニができるかを

事前に確認することもできます!

 

CIMG2515

 

Westoneのカスタムイヤモニターを

試聴 ⇒ カスタムシミュレーション ⇒ 耳型採取

注文 ⇒ お渡し

 

までできるのは、九州では、当店だけです!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

かすが補聴器専門店

http://www.kasuga-hochouki.com/

住所:福岡県春日市春日1-38

TEL:092-558-4338

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年09月15日

平成27年度 認定補聴器技能者名簿

テクノエイド協会より

「平成27年度 認定補聴器技能者名簿」が送られてきました。

 

IMG

名簿掲載者数が、2,965名となっており、

昨年から全国で

274名の「補聴器プロフェッショナル」が増えました。

 

都道府県別に増加人数を見ると

1位 東京  45名

2位 愛知  38名

3位 神奈川 27名

4位 埼玉  26名

5位 大阪  16名

とほとんどが都心部。

 

私の地元福岡は…

たった1人しか増えていませんでした。(無念)

 

九州全体で見ても23人増。

埼玉1県の増加人数にも達していません。

全国平均で5.8人/県、増加しているというのに

補聴器に関しては

「発展途上地域」としか言いようがありません。

 

理由は明快。

九州地域では補聴器の専門店が少なく、

補聴器の販売は

全国チェーン、ローカルチェーンのメガネ店さんが

圧倒的に多いからです。

 

メガネチェーン店さんでも

徐々に「認定補聴器技能者」を育成されていますが

まだまだ店舗数に見合った数に至ってません。

 

総務省統計局のホームページでは、

平成27年8月1日現在の総人口は、1億2689万人。

現時点での技能者数で割ると

42,795人に1人が、「認定補聴器技能者」となります。

 

春日市のホームページを見ると

平成27年7月末時点の人口が、11万2,822人。

単純に計算上で、

春日市には2.6人の「認定補聴器技能者」がいることになります。

(※実際はもっといると思いますが…)

 

お医者さん、弁護士さん、税理士さんなどの方が

もっともっとたくさんいますね…

 

 

こうした視点で見ると

いかに「認定補聴器技能者」が希少かがわかります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かすが補聴器専門店
http://www.kasuga-hochouki.com/
住所:福岡県春日市春日1-38
TEL:092-558-4338
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年09月14日

カスタムイヤモニター 取扱い開始!

9月より新しく

カスタムイヤモニターの取扱いを始めました。

image(9)

 

以前より、耳型採取のみのサービスは行っていましたが

あるお客様からの要望で

取扱い自体を行うことになったわけです。

 

ある程度の知識はあったのですが、

ビジネスとして行っていく以上

「プロ」にならなければなりません。

 

そのため、取引先に

特別な研修も実施していただきました。

 

この取引先さんも

九州には代理店がなかったとのことで

先方にとっても

当店の取扱いはウェルカムだったようです。

 

耳型採取に関しても

「補聴器」業務で経験を積んでいましたが

カスタムイヤモニターとなると

若干、採取の仕方も異なってきます。

 

補聴器とは異なる商品ですが

今後の広がりが確実視されている商品です。

 

まだまだ、使っているユーザーは少ないですが

音楽番組やYoutubeのライブ映像などを見ると

アーティストやミュージシャンはほとんどが使っています。

 

当店の取扱いで九州でも

カスタムイヤモニターを使う人が増えたらいいですね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かすが補聴器専門店
http://www.kasuga-hochouki.com/
住所:福岡県春日市春日1-38
TEL:092-558-4338
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇