補聴器についてのご相談・お問い合わせに無料でメール相談を承ります。

「いきなり店に行くのは…」、

「電話できくのはちょっと…」

という方は、お気軽にメールでご相談ください。

「補聴器目安箱」をクリックすると、お問い合わせページに移ります。

≪お問い合わせ≫

TEL: 092-558-4338

(ココハヨカミミバイ)

FAX: 092-558-4339

≪営業時間≫

(月~金)

9:30 ~ 17:30

(土)

9:30 ~ 15:00

日曜・祝日定休日

※事前にご予約いただければ、日曜・祝日も対応いたします。

「間違いだらけの補聴器選び」

中村雅仁著


補聴器購入前の必読書!!


補聴器購入に失敗しないためにも、ぜひ読んでおきたい本です。

従来の補聴器本とは異なり、元メーカーの方が難聴者目線で書かれてます。


購入希望の方は、
画像をクリックしてください。
Amazonサイトにジャンプします。

春日市商工会加盟店

2016年11月26日

補聴器の調整は何回で終わる?

補聴器を購入した方は

その補聴器が

自分にとって良いもの(よくきこえる)になるまで

一体、何回補聴器屋さんに

通えば(調整すれば)いいのでしょうか?

 

先日、当店が開業して4年経ったこともあり

すべての顧客記録から

何回、補聴器の調整を行ったか

拾い出して集計してみました。

 

当店では、

お渡し時の調整を含めて

3回以内にフィッティングを終了している方が

70%という結果でした。

また、5回以上調整を継続しているのは、約14%。

10回以上に関しては、2%

 

フィッティングの終了は、

補聴器効果測定を行い、

裸耳での最高弁別能に

補聴器を使用した状態で到達したとき

お客様に補聴器の調整終了を「告知」します。

 

補聴器使用者の補聴器満足度には

それぞれ個人差があります。

「家族との会話がある程度スムーズになれば…」

「仕事上、絶対に聞き漏らしや聞き違いがあっては困る。」

「テレビが家族と同じボリュームで聞ければ…」

 

補聴器屋さんは、

使用者の満足度が上がるよう

一生懸命、技術と経験を駆使して

補聴器を調整します。

 

一方、補聴器使用者は

「もう少し調整してもらえば、

もっと聞こえるようになるかも…」

これでは、調整の終わりは見えてきません。

 

≪関連記事≫

補聴器の調整はいつ終わるのか?(その1)

補聴器の調整はいつ終わるのか?(その2)

 

難聴の方は、

時として必要以上に

「自分だけが聞こえてなかったのでは?」と思う傾向があります。

健聴者でも聞き漏らしたり、聞き返しはします。

 

たとえば、病院の先生と話す際、

先生がマスクをしてカルテを見ながら

うつむいた状態で話をされたら…

健聴者であっても非常に聞き取りにくい状態です。

 

今使っている補聴器が

どの程度、補聴効果を出しているのか

補聴器屋さんで調べてもらいましょう。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かすが補聴器専門店
http://www.kasuga-hochouki.com/
住所:福岡県春日市春日1-38
TEL:092-558-4338
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年11月28日

補聴器を買う前に…(その2)

補聴器を購入する際、

「保険適用はないの?」と

質問されることがあります。

 

残念ながら、保険の適用はありません。

しかし、聴力が一定の度合いを超えて低下すると

身体障害者手帳を取得すれば

自治体(市町村)から

補聴器購入の助成が得られます。

 

当店では、聴力測定を行った際、

身体障害者手帳を取得できるレベルであれば

手続きのお薦めをしております。

 

手帳を取得すると

単に補聴器の助成を受けられるだけでなく

他の行政上のサービスを受けることができます。

詳細に関しては

最寄りの市町村の福祉課で

担当者の方から親切に説明していただけます。

 

手続きは多少面倒ですが

焦らず行えば

必ずメリットがあるので

是非利用してください。

 

補聴器の助成が受けられるようになるまで

補聴器の貸出も行っております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かすが補聴器専門店
http://www.kasuga-hochouki.com/
住所:福岡県春日市春日1-38
TEL:092-558-4338
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年11月27日

補聴器を買う前に…(その1)

補聴器屋さんで補聴器を購入する前に

「医療機関(耳鼻科)で見てもらいましたか?」

と必ずきかれます。

 

殆どの方は、医療機関での診察を受けずに来店されたり、

「数年前に見てもらった。」という状態です。

 

年配になってからの難聴は

ほぼ、老人性の難聴と診断されるため

治療を行われることはありません。

しかし、たまに病気や疾患による難聴もあるので

念のため、事前の医療機関受診はおススメです。

 

先日来店されたお客様の場合、

他店で補聴器を購入されていましたが、

1年前の聴力と較べ

右側の聴力が極端に落ちていました。

 

補聴器の新規購入を決められていましたが、

一旦保留にして耳鼻科受診をお願いしたところ、

中耳炎ということでした。

ご本人が痛みや耳の異常を

感じておられなかったようですが

「先ずは、治療。」です。

 

補聴器を販売しているお店によっては

事前の医療機関受診を

積極的にお薦めしないところもありますが、

先走って、無駄に補聴器を購入しないよう

ご注意ください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かすが補聴器専門店
http://www.kasuga-hochouki.com/
住所:福岡県春日市春日1-38
TEL:092-558-4338
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年11月16日

補聴器購入後のアフター(再作)

本日、来店されたお客様

今回の購入で3度目ということです。

最初の補聴器は、

天神の補聴器専門店で購入されたようですが

近くのお店で購入したわけではなかったので

定期的にアフターを受けていなかったそうです。

 

2度目の補聴器は

自宅近くのメガネ店(チェーン店)で

オーダーメードの補聴器を購入。

度々、ハウリングに悩まされ

お店に調整や相談に通うも、

「補聴器が湿気ているからです。」と

乾燥のメンテナンスしかしてもらえなかった様子。

 

湿気とハウリングはまったく関係ありません。

当然、ハウリングは解消せず。

また、度々お店通いをしていたためか、

お店の方からはクレーマー扱いされ

最初は親切に笑顔で対応していたのが

最終的には、「またですか?」と

そっけない対応になったそうです。

 

不満に思いつつも

補聴器を紛失。

 

対応やメンテナンスに問題がありますが

最近の補聴器は

ハウリング抑制機能が強化されているので

簡単にはハウリングが生じません。

もともとの耳型採取で

正確な耳型が取れていなかったのかもしれません。

 

どこのメーカーさんにも

オーダーメード補聴器には

「無料再作期間」があり、

たいていは4ヶ月くらいです。

そのことも説明がなかったということです。

 

「知人から当店を紹介された。」と

期待してのご来店。

ご期待にお応えできるよう

誠心誠意アフターフォローさせていただきます!

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かすが補聴器専門店
http://www.kasuga-hochouki.com/
住所:福岡県春日市春日1-38
TEL:092-558-4338
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇