補聴器についてのご相談・お問い合わせに無料でメール相談を承ります。

「いきなり店に行くのは…」、

「電話できくのはちょっと…」

という方は、お気軽にメールでご相談ください。

「補聴器目安箱」をクリックすると、お問い合わせページに移ります。

≪お問い合わせ≫

TEL: 092-558-4338

(ココハヨカミミバイ)

FAX: 092-558-4339

≪営業時間≫

(月~金)

9:30 ~ 17:30

(土)

9:30 ~ 15:00

日曜・祝日定休日

※事前にご予約いただければ、日曜・祝日も対応いたします。

「間違いだらけの補聴器選び」

中村雅仁著


補聴器購入前の必読書!!


補聴器購入に失敗しないためにも、ぜひ読んでおきたい本です。

従来の補聴器本とは異なり、元メーカーの方が難聴者目線で書かれてます。


購入希望の方は、
画像をクリックしてください。
Amazonサイトにジャンプします。

春日市商工会加盟店

2017年06月24日

補聴器とことばのききとり能力(弁別能)

難聴の方が補聴器を購入するのは

補聴器を使用して

「きこえる」ようになることが目的です。

 

高額な補聴器を購入すれば

「きこえる」のは当然と思われるでしょう。

 

ここで注意していただきたいことは

ご自身の「きこえの能力」を超えて

補聴器がきこえを補正することは

非常に困難であるという点です。

 

「きこえの能力」とは

「ことばのききとり能力=弁別能」です。

 

補聴器屋さんでは

弁別能測定といわれる

言葉のききとりテストを行います。

 

補聴器業界では

「67S語表」という検査CDを用いて

40dB~90dBの範囲内で

語音のききとり能力を調べます。

 

補聴器を使用した際

裸耳で聞き取った最高弁別能を

より小さな音量で到達できるよう目指します。

 

たとえば

裸耳で最高弁別能が80%(90dB入力時)であれば

補聴器を使用し

より小さい入力レベル(60~80dB)で

語音明瞭度スコア80%を出せるようにします。

 

しかし

高性能な補聴器を使ったり

補聴器調整を繰り返しても

最高弁別能80%の方に

語音明瞭度スコアを100%にすることは困難です。

補聴器屋さんは、のこりの20%が

補聴器を使用しても限界であることを

伝えなければなりません。

 

弁別能が極端に低く

通常会話でかなり苦労しているような

難聴者の方の場合、

「藁(わら)にもすがる」思いで

高額な補聴器を求め

大きな期待を持たれてしまいます。

 

 

 

最近は補聴器メーカーさんの努力や

メガネ兼業店さんのレベルアップもあり、

弁別能をきちんと調べるところは増えてきましたが

いまだに店頭で弁別能測定を行うと

「こんなことは初めてやってもらった!」

といわれることが多々あります。

 

補聴器の購入後に

「こんなはずじゃなかった!」

とならないよう

きちんと「弁別能」を測定してくれる

補聴器屋さんを選びましょう。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かすが補聴器専門店
http://www.kasuga-hochouki.com/
住所:福岡県春日市春日1-38
TEL:092-558-4338
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇