補聴器についてのご相談・お問い合わせに無料でメール相談を承ります。

「いきなり店に行くのは…」、

「電話できくのはちょっと…」

という方は、お気軽にメールでご相談ください。

「補聴器目安箱」をクリックすると、お問い合わせページに移ります。

≪お問い合わせ≫

TEL: 092-558-4338

(ココハヨカミミバイ)

FAX: 092-558-4339

≪営業時間≫

(月~金)

9:30 ~ 17:30

(土)

9:30 ~ 15:00

日曜・祝日定休日

※事前にご予約いただければ、日曜・祝日も対応いたします。

「間違いだらけの補聴器選び」

中村雅仁著


補聴器購入前の必読書!!


補聴器購入に失敗しないためにも、ぜひ読んでおきたい本です。

従来の補聴器本とは異なり、元メーカーの方が難聴者目線で書かれてます。


購入希望の方は、
画像をクリックしてください。
Amazonサイトにジャンプします。

春日市商工会加盟店

2017年06月12日

補聴器と集音器の違いとは?(その②)

難聴を自覚した方が

きこえの不自由さをなんとかするため

価格の手ごろさから

「集音器」を試すことがあります。

 

「集音器」は「補聴器」と異なり

個人個人のきこえの特性に合った

音質を作ることができません。

 

唯一の調節機能は、ボリューム。

この「ボリューム」とは

高い音から低い音まで

同じ程度で全体的に上下させる機能です。

 

聞こえにくい部分にボリュームを合わせると

もともと聞こえている部分は

音を拾いすぎて「うるさく」なってしまいます。

 

オージオ1

 

たとえば上図のような場合、

この方の聴力(オージオグラム:赤いライン)は

高音漸傾型といわれ、

高い音が聞き取りにくく

言葉の子音の識別がしにくくなります。

 

4kHz部分をきこえるラインまでボリュームアップすると…

 

オージオ3

 

オレンジ色の部分は

音量過多となってしまい

音環境の多い場面では

きこえる快適さよりも

うるささの方が際立ってしまいます。

 

一方、「補聴器」の場合、

周波数ごとに利得(ボリューム)が可変可能なので

必要な部分に必要なだけ

音量を足すことができます。(下図)

 

オージオ4

 

この部分的な音量調節は

高機能(多チャンネル)な補聴器ほど

きめ細かく個人のきこえに合わせることが可能になります。

 

 

 

このほか「補聴器」に搭載されている機能は

・騒音抑制機能

・出力制限(大きな音を抑制する機能)

・ハウリング防止機能

・環境認識機能

・指向性マイク

など…

「価格」に見合うだけのものが装備されています。

 

「集音器」を試してみて

「もう少し楽にきこえたら…」と思われたら

補聴器屋さんで

「補聴器」を試してみてください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かすが補聴器専門店
http://www.kasuga-hochouki.com/
住所:福岡県春日市春日1-38
TEL:092-558-4338
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇