補聴器についてのご相談・お問い合わせに無料でメール相談を承ります。

「いきなり店に行くのは…」、

「電話できくのはちょっと…」

という方は、お気軽にメールでご相談ください。

「補聴器目安箱」をクリックすると、お問い合わせページに移ります。

≪お問い合わせ≫

TEL: 092-558-4338

(ココハヨカミミバイ)

FAX: 092-558-4339

≪営業時間≫

(月~金)

9:30 ~ 17:30

(土)

9:30 ~ 15:00

日曜・祝日定休日

※事前にご予約いただければ、日曜・祝日も対応いたします。

「間違いだらけの補聴器選び」

中村雅仁著


補聴器購入前の必読書!!


補聴器購入に失敗しないためにも、ぜひ読んでおきたい本です。

従来の補聴器本とは異なり、元メーカーの方が難聴者目線で書かれてます。


購入希望の方は、
画像をクリックしてください。
Amazonサイトにジャンプします。

春日市商工会加盟店

2016年01月15日

補聴器の効果が出ない case.1 ~追加両耳~

きこえの不自由な方や

そのご家族は、

「補聴器を使えば、すぐになんでも聞こえる。」

と思われている場合がよくあります。

 

補聴器の購入後に

「補聴器が思っていたものと違った…」

と後悔しないよう

事前に色々と試してみることが必要です。

 

先日、来店のお客様の場合

2年半前、当店で右側の補聴器をご購入。

最近、テレビの聞き取りが

補聴器を使用してもよくないとのことで

お客様の方から左耳に追加して

両耳装用してみたいとご相談。

 

20160115

高音急墜型の聴力の上、左右差もある状態です。

現在、右側の補聴器は、

RICタイプをクローズ型耳栓で使用されています。

 

IMG_0022[1]

数日間、貸出機でお試しいただきましたが

結果としてテレビの聞き取りに

一定の効果はあったものの

自分の声の響きがかなりの違和感だったそうです。

音質面での調整や

耳栓のオープン化(穴あき耳栓)も試みましたが

どうしても両耳仕様より

今まで通りの片耳仕様の方が

ご自身の声に違和感がないとのことでした。

 

高音急墜型の聴力で「耳閉感」が生じやすく

2年半の片耳仕様の時間が

両耳化の弊害になっていたと思われます。

ある程度予測できましたが

「お試し」していただいたことで

残念な補聴器購入とならずに済みました。

 

補聴器の両耳装用は

メーカーさんや補聴器屋さんが

積極的に薦めていますが

すべての難聴者に効果が出るものではないので

慎重に試していただくことをおススメします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かすが補聴器専門店
http://www.kasuga-hochouki.com/
住所:福岡県春日市春日1-38
TEL:092-558-4338
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇